Author: wp_sv_2857_35710

必要ない毛は全て脱毛したい

私は他の女性と比べると毛が太く量もとても多いのがずっとコンプレックスです。
全身気になるところばかりですが特に目に付きやすい鼻下、腕、指毛、膝下の毛が気になります。
ふと他人のムダ毛が生えているのを見てしまった時に自分にも同じ箇所に毛がたくさん生えているので、私もこうやって人に見られているのかと思うとすごく恥ずかしくなる時があります。
私がお金をかけてでも脱毛をしたいと思う理由は剃刀で処理をしても毛が太いので伸びてくるとチクチクしてしまいしょっちゅう処理をしないといけないのでかなり手間がかかるのと肌が弱いので赤くなったり痒みが出たりと剃刀負けをしてしまい悪循環に陥っているからです。
指毛の処理を忘れた時は人前で書き物をするのも嫌なほどです。友人や彼氏にも毛深いね、もじゃもじゃだねと言われた事があり大変ショックでした。
脱毛をはじめて人目や毛の処理を気にすることなくストレスない生活を送りたいと考えています。http://xn--tckueu63hd9ets7a8i0aiua.xyz/

気を抜いていたお腹の毛を指摘された!

お付き合いを始めてまだ間もない頃、初めて彼氏と一緒にお風呂に入ることになったのです。デートの度に腕も足も脇も気になる部分は処理していたので、ムダ毛のことは何も心配に感じていませんでした。
ですが、お風呂で体を洗っている時に彼氏から「お腹の毛って剃らないの?」と指摘を受けてしまったのです。お腹の毛ってそこまで濃ゆくないですし、毛の量自体が少ないのであまり気にしたことがありませんでした。皆処理しているのかも分からなかったのですが、彼氏からのその発言がショックで仕方なく、当分落ち込んでいましたね。もしかしたら元カノは剃っていたのかもしれない、ムダ毛なんて女子力が低いと幻滅されたのかもしれないと悩んだ結果、気になるのなら思い切って他の部分と一緒に脱毛をすることにしたのです。
腕、足、脇、お腹と行いましたが、彼氏とのお泊りの時はもちろん、夏場の露出の多い時期にも自信を持って過ごすことができるので満足しています。脱毛ラボの口コミを見ると料金だけがメリットだと思います

毛深さが子供の頃からのコンプレックスでした

多くの人にとって「脱毛したい」と考える契機となるのは、思春期になって体毛が濃くなったり、脇やVラインのムダ毛が目立つようになってからではないでしょうか。
でも、私の場合はもっと小さな時。それこそ小学校の低学年の頃から毛深いのが悩みでした。
きっかけは親類の何気ない雑談話でした。「○○ちゃんは赤ちゃんの頃から毛深くて、お風呂に入れた時は体に垢がついているのかと思ったわ」。そう言われて、私は子供心に愕然としました。
自分の体毛は尋常じゃないんだ。他の子供たちよりも身体中が毛むくじゃらで、もしかしたら遺伝子レベルで異常な人間なのかもしれない…。
それからは、お風呂に入って自分の体に生えた産毛を見るたびに涙を流していました。こんな毛は全部なくしてしまいたい!そう親にも話しましたが、「剃刀でそると余計に毛深くなるからやめろ」「年を取ればだんだん目立たなくなる」「服で擦れるところは毛が生えなくなる」。何を言ってもそんな気休めしか返ってこず、脱毛には徹底的に反対されました。それでも自力でなんとかしたくて、臑毛を軽石で擦り、皮膚が象のようにザラザラになるまで産毛を痛めつけてみたりもしました。私の皮膚は今でも、当時の傷痕が残っており、軽石で擦ったところだけが明らかにきめの荒い肌になっています。
思春期になり、今まで毛の生えていなかった部分に体毛が生えてきた時は、もう死にたいと思いました。年々濃くなっていく体毛は、体操服や水着で隠せる部分を超えて太ももまで生えはじめ、うっかり毛を抜き忘れた時は周りにバレないかと冷や汗をかくほどでした。
とにかく自分の人生の大半は、毛深いことへのコンプレックスをいかにしてうまくやり過ごすかでした。今のように気軽に若い子が全身脱毛に行くような風潮もなかったから、本当に辛かったです。
これからの時代、永久脱毛はもっと気軽に行うことができるようにと願わずにはいられません。自分のような思いを味わう子供が一人でも減るように。親や周囲の理解を得て、ある程度の年頃になったら不要な産毛は専門医の元で処理できるようになりますように。http://xn--ipw186bp8i.xyz/

鼻の下のムダ毛に気づかれて恥!それが原因で友達と疎遠に!

私はおそらくかなりのプライドの高さだと思います。だからちょっとでも自分に駄目なところがあると落ち込むし、馬鹿にされようものならものすごく腹が立ちます。そんな私にムダ毛に纏わる恥ずかしい出来事があったのです。
その日の私はクラスの友人と普通に朝来て話していました。前と後ろで話していたので結構顔が近かったです。そのせいでしょうね。友達はふとこっちを見て「あれ?」何かに気づいたのです。そして私に「ムダ毛出てるよ〜」と言って鏡を突き出してきました。
私はいきなり何かと思いながら鏡を受け取って見てみたら、鼻下にムダ毛が数本生えていたのです。なかなかに目立つ感じで、もうすごく恥ずかしくて、私はその日トイレで必死になってムダ毛を抜きました。本当にプライドが傷ついてショックでした。
友達は寄ってたかってからかったわけでも、誰かにその話をしたわけではないけど、恥ずかしかったです。その友達とはそれ以降あまり交流がなくなりました。あの日は本当に心からムダ毛を脱毛したいと思いましたね。xn--j-phusbz669a1sglm7ally.com

美容院のサービスでリラックスしようと思ったら…

ムダ毛の脱毛、「やらなければ」と思うのは美容院に行く前です。
私の行く美容院では、平日に行くとサービスで爪の手入れと腕のマッサージをしてくれるのですが、お願いしまーすと腕を差し出して凍り付いたことがあるのです。
しばらくムダ毛の手入れをしていなかったので、腕一面に毛が…。
もちろん担当の方は指摘などしませんし何も言わずにマッサージをしてくれますが、ものすごくいたたまれなかったです。
あのときほどムダ毛の脱毛をしたいと思ったことはありません。
そういえば指の毛も処理していなかったなあと後悔しながら家路につきました…。

私はあまり毛が濃いほうではなく、ボーボーとまでの状態にはならないので、何も予定がないとついつい手入れをさぼってしまいます。
家にいるときTシャツでいても誰も指摘しませんし、自分自身もあまり気にならないので忘れてしまうのです。
とはいえマッサージしてもらうときはじっくり腕を見られ、触られるわけですから、堂々とお見せできるようにムダ毛の処理はやっておかなければなと思いました。
せっかくのリラックスタイムに、無駄な冷や汗をかいてしまいました。サロンがキャンペーンが見逃せません

全体的に濃い毛が気になります

私が初めて毛を剃ったのは確か小学校6年生の時だったと思います。田舎の育ちでしたが、さすがに毛の処理をする友達が出てきて、私もツルツルきれいな肌になりたいと思い、足の毛を剃りました。それまで一度も剃ったことがなかったので、毛はフサフサ産毛のようでした。しかしすぐに母に見つかり、剃ったら濃ゆくなるからやめなさいと言われ、その後一年くらい処理せずにいました。中学生にもなるとさすがにみんな処理をしていて、私もまた剃り始めるようになりました。それからというもの、特に足に男性のような剛毛が生えてくるようになったのです。剃った時にはもちろんツルツルのお肌ですが、少し時間が経つとチクチクと硬い毛が生えていました。時間がある時には剃るのではなく、抜くようにしていましたが、それも一時的なものです。特に夏は足を出すような洋服も着ますので、とても気になっていました。数年後結婚が決まった時、毛の成長は毎日のことなので、脱毛したいと本気で悩みました。結局はお金の問題と、本当にきれいになくなるのかという疑いで脱毛はしていませんが、本当はというと、今でも脱毛したいです。http://xn--jcko3osb8ai.jp/

中国を訪れる際はWeChatをお忘れなく

WeChatというSNSアプリをご存じでしょうか。
中国では微信と呼ばれ、日本のLINEと同じような機能を持ち、LINEと同じように使われているアプリです。そして、このWeChatというアプリは中国に出張したり、留学する人にとっては必須のアプリとなります。
なぜなら、日本のLINEは中国当局の規制によって、中国国内では全く使えないのです。また現地の中国人のほとんどがこのWeChatで連絡を取り合っていますから、WeChatをダウンロードしていないと中国での意思疎通が非常に難しくなってしまうのです。したがって、中国に足を運ぶ際はWeChatをダウンロードすることは必須と言っても過言ではないのです。
そして注意しなければいけないのは、日本のスマホを中国に持っていく場合、現地では通信が途絶することが多く、WeChatをダウンロードするのは難しい点です。中国に行くことが決まったら、すぐにWeChatをダウンロードしておくといいでしょう。一度ダウンロードすれば、ずっと中国で出会った人と連絡を取り続けることができます。
WeChatは知っておいて損はないアプリなのです。